四日市泊駅西 整形外科 腰痛 頭痛 クリニック

重要なお知らせ
6月 7月

当院で診療している主な治療

症状

逆流性食道炎

逆流性食道炎
逆流性食道炎とは、胃から胃酸が逆流することにより食道に炎症が起こる疾患です。

原因

胃酸の分泌量増加に、胃酸の逆流が起こりやすい要素が加わることが関連していると考えられています。骨粗鬆症などにより背骨が曲がり、前かがみの姿勢が常になると、腹圧が上昇し、逆流性食道炎が発症しやすくなります。

治療

消化器内科では、プロトンポンプ阻害薬 (PPI) の内服が中心となる治療法です。プロトンポンプ阻害薬は胃酸分泌を抑制する効果があり、胃酸の逆流を抑えることができるため、症状の改善が期待できます。
しかしながら、しばらく内服を継続した後、症状が改善したので薬の服用を中止すると、再び同じ症状が再発することが多いです。そのため症状がいったん改善しても、薬の量を減らして服用を続けることもあります。
当院では、内服薬を処方するのではなく、ご自身で症状を軽減させる方法をお伝えいたします。そして、診察時に逆流性食道炎の治療をさせていただきます。背骨が曲がっていない若い世代の方であれば、おおむね10~15回の治療で症状の軽減が期待でき、プロトンポンプ阻害薬を内服しなくても日常生活に支障がない程度まで回復できると考えておりますので、お困りの方は、お気軽にご相談ください。

コンタクト

【 名 称 】
四日市泊駅西整形外科 腰痛頭痛クリニック
【 住 所 】
〒510-0892 三重県四日市市泊山崎町2-14
【 電 話 】
電話 059-347-1000
  • 診察受付時間内にお願いいたします。
  • 明瞭な予約受付業務のため、発信電話番号の通知をお願いいたします。
  • 診療受付時間外または電話番号非通知の場合は電話をお受けできない場合がございます。ご了承ください。
【F A X】
FAX 059-347-5000
  • お問い合わせはFAXにてお願いいたします。
【LINE】
LINEでかんたん再診予約 LINEでかんたん再診予約
  • 再診予約専用のLINEになります。
  • 診療時間外の場合は、翌診療時間にて受付とご返信をさせていただきます。
  • 再診予約は24時間後以降の診療予約に対応いたします。24時間以内の緊急診療の場合は、電話でのお問い合わせをお願いいたします。
  • 初診の方、別件の診療を希望される方、久しぶりのご来院の方、その他新規診療となる場合は、電話でのお問い合わせをお願いいたします。
【診療科目】
整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・腰痛外来・頭痛外来

アクセス

診療日・診療受付時間

診療日・診療時間

Copyright © 四日市泊駅西整形外科 腰痛頭痛クリニック All Rights Reserved.